株式会社清和物産

◇◇日本人の三大成人病◇◇

 

現在、日本の死亡原因は第1位がガンで、第2位が心疾患です。そして第3位に脳血管疾患が続きます。
この3つの疾患は三大成人病と呼ばれ、全死因の60%を占めています。この三大成人病とはどんな病気なのでしょうか。
             
〜 ガンについて 〜
私たちの体は、約60兆の細胞からできています。
この細胞は一定のルールに従って、常に古い細胞と
新しい細胞とが生まれ変わっています。
ところが、これがある日突然反乱を起こし、無制限に増殖を続ける
異常な細胞が発生してしまうことがあります。
これがガン細胞と呼ばれるものです。


※  ガン細胞の発生について図などで説明してます。クリックしてみて!!
 人はどうしてガンになるのでしょう? 
活性酸素について
 酸素は空気の20%以上多く含まれると、私たちの体に害を与えることがわかってきました。
未熟児が病院で、過剰の酸素を与えられたことで失明するという事故から、広く知られるようになったのが、いわゆる未熟児網膜症です。

 私たちの体は、60兆もの細胞からできていますが、そのひとつひとつにはミトコンドリアと呼ばれるいわば発電所があります。ここでは酸素を原料としていますから、その約2%の産業廃棄物に相当する、大変活性の強い酸素が発生します。
 
 これは、4種類の反応性が強くてテロ集団ともいわれ、過酸化脂質という有毒作用物質を連鎖的につくって、細胞膜や遺伝子をつぎつぎと破壊し、ガンや成人病の元凶となることがわかってきました。

 1956年にアメリカのネブラスカ大学教授のP・ハーマンは、『ガンや動脈硬化などの成人病は、活性酸素を深く関わっている』と発表しました。
 その後、活性酸素や紫外線、あるいはストレスや虚血、さらにタバコや薬剤などによって、また排気ガスや食物によっても、これら活性酸素の発生が促進されることが明らかになってきました。

 1980年になって、アメリカのオークリッジ研究所のトッター博士やマサチューセッツ総合病院のワイツマン博士らによって、活性酸素がガン細胞の直接原因となることも報告されました。
 現在では多くの医学や生理学の研究によって、活性酸素が多くの成人病や慢性疾患、さらにガンの元凶となることが確認されています。

 近年、誰もが細胞の核の中にガンになる遺伝子(DNA)をもっていることがわかってきました。このガン遺伝子は1個の細胞の染色体の中に50個もありますが、この染色体が、活性酸素といわれるフリーラジカルによって、1000個くらいに切断されると、他の細胞に働いてガン化することもわかってきました。

 ところが一方でガンを抑制する遺伝子も7個は知られてきました。発ガンした細胞の微小ガンは、通常は免疫という機能が働いて、破壊され排除されるのですが、老化などで免疫力が弱くなるとガン細胞の増殖を許してしまいます。

 1個のガン細胞が検査で発見される約1gの大きさになるには、30回の分裂が必要で10年以上かかるといわれます。これがさらに1kgまでに増殖するのは短期間の数年に短縮されます。

 これまで説明されてきたガン遺伝子を目覚めさせるイニシェーターや異常化した細胞をガン化させるプロモータといわれる発ガン促進物質は、活性酸素を発生させることがわかってきました。またストレスも活性酸素をつくりやすいことで、ガンの大きな要因となることも明らかにされてきます

 1991年、これらの新しい研究がノーベル賞受賞学者らによって報告されました。
 ガンの発生は、いづれにしても免疫力が弱くなることが、大きな要因であると指摘されるようになりました。


心疾患について
 心疾患の代表とされる虚血性心疾患は、心臓の動脈硬化が原因です。それによって血管が狭くなって血液の流れが悪くなった状態を狭心症と呼びます。

 また、さらにこの血管の血の固まりがつまって、血液が流れなくなって酸素の供給ができにくくなると、細胞は壊れて死滅します。

 これを心筋梗塞といいます。これら心疾患は共に強い痛みをともないます。心筋梗塞は不整脈やショックをともないますと、患者の50〜80%が死亡するという危険性の高い疾患です。


脳卒中について
 脳卒中は脳血管疾患の代表的な病気です。
 この疾患の原因は動脈硬化ですが、動脈硬化はコレステロールや高血圧が原因としてあげられています。
 この動脈硬化によって狭くなった血管に、血液のかたまりがつまって、血液が流れなくなるとその細胞は死滅するようになります。これを脳血栓、あるいは脳塞栓と呼んでいます。また、動脈硬化によって血管の一部がふくらむと動脈瘤となります。

 血管が破裂して脳内で出血があったのを脳出血といい、これがくも膜と脳の間で出血した場合は、くも膜下出血といいます。脳内のこれらの疾患は、死を免れた場合でも言語障害や半身不随など、後遺症が残るというケースも多くみられますから、大変注意しなければならない疾患です。


 ※ 血管が詰まっていく様子などを図で説明しています。クリックしてみて!!
 
脳疾患・心疾患は共に血管の詰りから・・・
クリックで各ページにジャンプ!
長寿の老人は腸内細菌が若い 健康と若さは腸から生まれる 人の寿命と自然治癒力

 トップページへ