株式会社清和物産


ミネラル・その他の特徴と含まれる食材
 




カルシウム
代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
Ca  歯や骨の形成に不可欠な成分。
 血液の凝固を助け、筋肉・神経を正常にする作用がある

 歯や骨がもろくなり、成長が不十分になる。
 神経が過敏になる
 小魚類・脱脂粉乳・牛乳・乳製品・ナッツ類


代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
Fe  赤血球(ヘモグロビン)の大切な構成成分で、各細胞へ酸素を運んでいる。
 成長促進や免疫力増進に関わっている
 貧血を起こしたり、疲れやすくなる。 また忘れっぽくなり、乳児では成長が遅れることもある  レバー・肉類・卵黄・のり・ひじき・煮干・きなこ


マグネシウム
代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
Mg  糖質の代謝を助け、心臓や血管系を健康に保つ働きがある。
 また刺激による筋肉や神経の興奮を正常にする
 神経が興奮しやすくなる  魚肉類・バナナ・りんご・ほうれん草・ナッツ類


リン
代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
 血液中の酸やアルカリを中和し、糖質の代謝を円滑にする。
 肝臓や心臓が正常に働くよう作用する
 歯や骨が弱くなる  魚肉類・胚芽・ナッツ類・ぬか・卵黄


カリウム
代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
 心臓や筋肉機能を調節する  筋力が低下したり、腸や膀胱がマヒし、反射が緩慢になる。
 また不整脈や低血圧になる
 すいか・柿などの果物



ナトリウム
代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
Na  細胞外液(血漿と組織間液)に多く含まれており、体の構造上、不可欠な物質  脱水が起こったり、精神が不安定になる  食塩・みそ・しょうゆ・ハム・ベーコン・パン


マンガン
代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
Mn  骨の形成を促進し、肝臓や骨の酵素作用を活性化する。
 疲労やイライラを和らげ、記憶力を増進させる。
 めまいを起こしたり、平衡感覚が異常になる  肉類・豆類・抹茶・煎茶・緑黄色野菜・卵黄


亜鉛
代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
Zn  皮膚・骨格・味覚・生殖器官の発達や維持のほか、アルコールやタンパク質を分解する細胞などを構成している 発育が不完全になったり、皮膚障害や味覚障害が起こる  魚介類・海藻類・チーズ・豆類・卵


代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
Cu  体内でヘモグロビンを作る時に、鉄が有効に利用されるよう促進。
 鉄の吸収を助ける
 貧血を起こす  牛レバー・カキ・肉類・豆類・プルーン


ヨード
代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
 成長を促進し、成人の基礎代謝を盛んにする。
 髪や爪、皮膚を健康に保つよう作用する
 疲労気味になり、発育が止まる。
 また新陳代謝が鈍くなることから甲状腺肥大になることもある
 海藻類・魚介類


コバルト
代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
Co  骨髄での造血には不可欠な物質で、赤血球・血色素の生成を促している  貧血気味になる  レバー・エビ・たらこ・はまぐり・あさり・ココア


セレン
代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
Se  ビタミンEと相助作用を持ち、ともに抗酸化物質として働く。
 組織の硬化・老化を防ぐ
 成長障害や不妊になるほか、免疫力が低下する。
 克山病になる(心筋症の一種)
 小麦胚芽・マグロ・玉ねぎ・フロッコリー


食物繊維
代表的な物質 特徴 不足すると 主な食材
 排便を促し、腸内容物を体外に排出する働きがある。
 また過剰なコレステロールや脂肪を吸収し、排泄する
 便秘になるほか、大腸がんになることもある  干し柿・ひじき・納豆・インゲン豆・おから・りんご・しらたき