株式会社清和物産


肩や脚をほぐそう



脚 の 症 状 い ろ い ろ
 一日中立ち仕事をしたり、座り仕事をしていると、脚のむくみの原因となります。
 血液は心臓のポンプ力によって循環されていますが、体を動かさないでいると、心臓に血液を送り返そうとする筋肉の力が弱くなり、脚に血液がたまりがちになって、むくみを招くわけです。
 毎日、適度に体を動かし、筋肉を鍛える事が大切。
運動不足が続くと筋力が低下していき、むくみやすい体になってしまいます。また、疲れたら、休息をとり、心臓と体力を回復させて、むくみを防止するようにしましょう。


肩 こ り の メ カ ニ ズ ム
 肩こりは血のめぐりが悪くなって起こる症状です。長時間同じ姿勢で作業していると、首・肩周辺の筋肉が緊張し、収縮した状態になり、毛細血管を圧迫します。
 すると血行不良となり、細胞に酸素や栄養分を運ぶ働きが鈍くなり、筋肉疲労を招くわけです。
 肩こりを感じたら、手をやすめて、血行をよくする体操やマッサージを数分でもおこなって、早めにほぐすことがポイントです。
 ストレスで肩こりが起こることもありますので、日頃から、十分な休息と睡眠を心がけるようにしましょう。
関連ページ :肩こり
温熱波動器具 ひまわりシリーズ
指圧名人 スーパー10



効 果 的 な ス ト レ ッ チ 体 操
(1)片方の手を反対側の首の下にあて、押さえながらゆっくり背筋を伸ばします。これを交互に何回か繰り返します。

(2)頭の後ろで、片方の手のひらをもう一方の腕のひじに当てます。肩や二の腕の裏側が伸びるようにひじを斜め下の方向へゆっくり押します。左右交互に何回か繰り返します。

(3)体を横にして仰向けにします。脚を垂直に上げて1分間そのままの状態にします。これを何回か繰り返します。

TOPページへ 健康づくりいろいろPART2へ