株式会社清和物産


栄養をしっかりとろう


暑 さ と 栄 養
 夏になると、暑さなどにより体温調整がうまくいかないため、新陳代謝が鈍くなり、疲れがたまりがちになります。これが夏バテといわれる状態です
 人によって、症状はさまざまですが、概して、胃腸の働きが弱まり、食欲不振や下痢などを招きます。
 また、ビタミン、ミネラルの栄養不足や、寝不足による疲れが重なる場合もあります。
 症状が進めば、頭痛・発熱・めまいなども伴うことがありますので、夏バテの疲れを甘くみてはいけません。
 適度の休息と栄養価の高い食事を心がけ、体力を取り戻すことが大切です。冷たいものの摂り過ぎや、冷房の効かせ過ぎにも気をつけましょう。



夏 ば て 解 消 メ ニ ュ ー
 胃や腸が弱まって、疲れた状態が続いている場合は、うまく栄養をとる方法を考えましょう。
 無理して、こってりしたスタミナ食をとろうとしても、体が受けつけません。食欲を刺激しながら、夏バテ防止に欠かせないタンパク質を十分にとるには、疲労回復に効果的なクエン酸が含まれているレモン・梅肉・酢などをきかせた魚・肉料理が一番。
 また、薬効も期待できるシソ・しょうが・みょうが・にんにく・ニラなどの香味野菜やハーブ類・カレースパイスなどをフルに使って、香りで食欲をそそる工夫もよいでしょう。
関連ページ : 夏ばての時に食べたい食材


食 品 と 栄 養 価
 素材の栄養価は、調理法によって左右される場合があります。たとえば、野菜に多く含まれる水溶性のビタミンやミネラルは、火を通すと、栄養価が落ちてしまいます。
   だからといって、野菜をサラダにしても、それほど多くは食べることが出来ません。その意味では、加熱によってビタミン・ミネラルが減少しても、量的に多く食べることができるわけですから、調理した方が結果的には栄養素の摂取した量が多くなるといえます。 一方、食物繊維やカロチンなどは、加熱しても減少することはほとんどありません。また、ビタミン(A・E)は脂溶性なので、油で炒めた方がよく吸収されます。


TOPページへ 健康づくりいろいろPART2へ