株式会社清和物産



健康習慣を身につけよう


健 康 こ そ 財 産

 21世紀は高年齢社会といわれています。生涯現役(最期まで自分のことは自分でできる)で人生を送れるよう、誰もが、健康を見つめなおす時がきているといえましょう。

 世界保健機関(WHO)では 「健康とは、単に身体に病気がないとか、体が弱くないというだけでなく、身体的にも精神的にもまた社会的にも完全に調和のとれた 良好な状態」 と定義しています。

  健康はお金にかえられない財産。日々の生活の中でしっかり管理し、 豊で充実した人生を送りましょう。

関連ページ : 健康は毎日の予防から
生 活 習 慣 病 と は
 その名のとおり、不健康な生活を続けていることで招く病気の総称として、現代病の筆頭にあげられています。 
 代表的な疾患は、動脈硬化・高血圧・糖尿病・胃腸病・心臓病・ガンなどです。
かつては成人病と呼ばれていましたが、食生活をはじめ、さまざまな環境の変化により、近年は子供の罹患率も高くなっていることから、生活習慣病と呼び直されています。
社会生活が複雑になりつつある今日、健康に関心をもち、ベストコンディションを維持する方法を身につけることが大切です。
関連ページ : 病気の基礎知識 「三大成人病」
健康は毎日の予防から 「日本人の主要死因」
セ ル フ チ ェ ッ ク
 生活習慣病とは、日常の不健康な条件が積み重なって発症するものですから、複数の要因をチェックする必要があります。
(1) 運動不足
(2) ストレス
(3) 食生活
(4) 自然環境の変化
などが自分の毎日の生活にどのような影響を与えているかチェックしてみましょう。
 そして、できるところから、少しづつ不健康な生活習慣を改善していくようにしましょう。病気になってからでは遅すぎます。日頃の健康管理を怠りなく。



TOPページへ 健康づくりいろいろPART1へ